日本初!ニコチンソルトとPOD VAPEによるタバコ依存症治療

 

ニコチン入り電子タバコは慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防や、すでに罹患している患者の症状改善に役立つという報告がリリースされました。

慢性閉塞性肺疾患研究者の機関誌である国際ジャーナルに掲載された新しい研究です。


この研究は、ニコチン入り電子タバコを使用したCOPD患者が、全身に及ぶ健康状態の改善、COPDに加えて気管支喘息、間質性肺炎、、肺気胸など、呼吸器疾患全般に有効であることを示しました

研究内容は、COPD患者を2つのグループに分けて3年間の経過観察によるもので、グループ1はニコチン入り電子タバコを使用した22人の患者グループ、グループ2はニコチン入り電子タバコを使用しなかった22人の患者グループです。

この研究実証はイタリアのカターニャ大学の免疫学教室の教授を務めるリカルド・ポローザ博士をリーダーとしたイタリアとイギリスの大学病院から選出された7人の研究者によって構成された研究チームが担当しました。

彼らは全員が肺疾患の専門医であり、免疫学の権威でもあるポローザ博士は、過去にもニコチン入り電子タバコによる喫煙者の喘息症状の改善という論文も発表しています。

今回の研究結果で一番驚かされたのは、グループ1のなかの数人が隠れて従来のタバコを吸っていたということです。 つまり従来のタバコからニコチン入り電子タバコに完全移行できていない患者でも一定の肺疾患改善効果が見られたということです。

この研究は、以前にぽローザ博士が発表した研究においても示唆されていましたが、今回の研究発表によって揺るぎないものとなったと言えます。

ポローザ博士じゃ「基本的な事実として、COPD患者は禁煙に挫折した者が多い疾患です。 そのためCOPDの治療を受けているにもかかわらず、喫煙を続けている患者が意外と多いのです。 分かりきっていることですが、COPD患者が従来のタバコを吸い続ければ病状の進行は加速していくのです。」

「ですからCOPD患者にニコチン入り電子タバコへスイッチを促すのは大変有意義な治療の一環となり得るわけです。 しかもニコチン入り電子タバコへ完全移行すればクオリティーオブライフが75%も向上することが分かりました。」と語った

おそらく、この研究結果は、COPD患者への症状改善のための医療戦略としての広く採択されていくことでしょう。

PRESCRIPTION -お申込みから発送まで-

 


さぁ、今すぐ治療を始めましょう

通販感覚で処方。

Comment

Close Menu

※近日OPEN予定! 現在はデモ表示となっておりますので、オンライン処方の受付は行っておりません。 非表示

error: LET\'s NIX VAPING!
×
×

Cart