日本初!ニコチンソルトとPOD VAPEによるタバコ依存症治療

ニコチン入り電子タバコの初期費用は決して安くはありませんが、結果的には多額の節約に繋がるのです。

 


西部開拓時代にネイティブ・アメリカンによってもたらされたタバコは、その後何世紀にも渡って人々に愛され続けました。

1900年代、タバコ産業は喫煙者の数を爆発的に増やすために考えうる添加物を次々と加えていきました。

無添加タバコよりも素早くニコチンが脳に届くようにする化学物質、葉巻のように灰皿に置きっぱなしにしても自然消化せずに燃え尽きてしまうように加えられた化学物質などは現在のタバコにも含まれたままなのです。 そしてタバコ産業を潤わせるためだけに添加されたこれらの化学物質のは例外なく人体に悪影響を及ぼすのです。

20世紀末期から始まったタバコへの規制はたしかに未成年者の喫煙率を下げましたし、増税に次ぐ増税も喫煙者の数を減らすことに貢献はしました。

カリフォルニア州やニューヨーク州、ワシントンD.C.などでは、従来のタバコ1パックが10ドル以上の価格で販売されています。 低所得者向けの手巻きタバコの増税も徐々にではありますが進んでいます。

一方、タバコ葉を用いないニコチン入り電子タバコは初期費用こそ従来のタバコよりも高くつきますが、結果的には安くつくのです。

簡単な計算

2016年に、BMJのタバコ規制ジャーナルに、喫煙コストを調査し研究が掲載されました。

その研究報告によれば、初期費用を考慮しても、年間を通せばニコチン入り電子タバコは従来のタバコより破格の安さであることが分かります。

毎日のランニングコストでも数ドルが節約できるのはもちろんのこと、従来のタバコを吸い続けていたら羅患していたであろう疾患も考慮しなければなりません。

(国民健康保険制度のないアメリカでは)軽度のCOPD(肺気腫)でも治療費は年間で数万ドルに達することは周知の事実です。

さらに合併症やがんに罹ってしまったら数万ドルでは収まりません。

そういった出費を生む健康リスクが従来のタバコには潜んでいるのです。

PRESCRIPTION -お申込みから発送まで-

 


さぁ、今すぐ治療を始めましょう

通販感覚で処方。

Comment

Close Menu

※近日OPEN予定! 現在はデモ表示となっておりますので、オンライン処方の受付は行っておりません。 非表示

error: LET\'s NIX VAPING!
×
×

Cart