日本初!ニコチンソルトとPOD VAPEによるタバコ依存症治療

ニコチン入り電子タバコは最も人気のあるデバイスであることに加え、最新研究によれば、他のどの治療法よりも禁煙成功率が高いことが判明した。

 


先週公開され研究によれば、ニコチン入り電子タバコに対して呈される最大の疑問「本当にニコチン入り電子タバコで禁煙できますか?」という問への最終的な回答となりそうだ。

2013-2014年のタバコと健康の研究における人口アセスメントのデータを使用して、ニコチン入り電子タバコとニコチンガム、ニコチンパッチ、禁煙外来の飲み薬、そして我慢による自力禁煙という5つの禁煙アプローチの人気と成功率を比較しました。

研究者が見つけたのは、禁煙しようとしている喫煙者のための選択肢を提供するだけでなく、その成功率を明確にすることができたのです。

この結果は、従来のタバコの害を減らすためにニコチン入り電子タバコの価値を再確認させた素晴らしいニュースといえるでしょう。

しかもニコチン入り電子タバコが禁煙に最適なツールであるというこれまでの数多くの研究を裏付ける結果となったのです。

ルイビル大学の研究

この研究はブラッド・ロドゥー教授のチームによってアメリカ・ケンタッキー州のルイビル大学で行われ、研究パートナーであるナンタポン・プラワンスワット博士とともに、すべてのデータを取り、さまざまな禁煙手段の使用率と成功率を計算しました。

驚いたことに、被験者の中で最も実践された禁煙方法は、我慢による自力禁煙で、その数は1,522人。 次いでニコチン入り電子タバコによる禁煙実践者の459人でした。

しかし、さらに驚くべきは成功率です。

我慢による自力禁煙の実践者1,522人のうち、禁煙に成功したのはわずか275人、成功率としては18.06%にとどまっていました。

一方、ニコチン入り電子タバコによる禁煙実践者は459人中128人が成功し、成功率は27.88%となっていたのです。

ニコチンガムやニコチンパッチでは235人が実践し、成功率は17.87%。 禁煙外来の飲み薬の成功率は16人/74人中で21.62%でした。

この結果は、ニコチン入り電子タバコが最も人気がある禁煙方法であり、最も成功率の高い禁煙方法であることを明確に裏付けたのです。

そしてこの研究結果は、なぜ合衆国政府がニコチン入り電子タバコを徹底的に批判したのかという疑問の再燃に火をくべました。

補強証拠

この最新の研究成果だけではなく、毎月発行される医学専門誌や機関誌においてもニコチン入り電子タバコによる禁煙成功の実例について報告され続けています。

代表的なものとしては、ラトガーズとコロンビア大学の研究者らは、従来のタバコ愛用者がニコチン入り電子タバコによってどのように禁煙に成功するのかというプロセスについての共同研究を発表しています。

彼らは、「世界レベルでニコチン入り電子タバコユーザーによる禁煙成功率のパターンを明らかにすることができた。」とコメントしています。

その他にも、アメリカ疾病管理予防センター(OTC)の発表した研究データも、今回のルイビル大学の研究チームの結果と完全に一致しており、以前アメリカ食品医薬品局(FDA)が発表したニコチンガムとニコチンパッチによる非常に高い禁煙成功率のデータが意図的に改ざんされたものであるという証拠となったのです。

広まる理解

こういった研究成果の累積はニコチン入り電子タバコが市民権を得るためにとても重要です。

FDAは依然としてニコチン入り電子タバコによる禁煙に対して慎重な姿勢を崩しませんが、専門の研究者による研究成果は徐々に政府や行政機関の間でも評価を得ており、新任のFDA局長を始め、多くの社会的立場のある人物を動かし始めています。

PRICE -費用一覧-

 


NIX VAPEの費用一覧

お申込みは費用一覧の最下部から。

Comment

Close Menu

※近日OPEN予定! 現在はデモ表示となっておりますので、オンライン処方の受付は行っておりません。 非表示

error: LET\'s NIX VAPING!
×
×

Cart