日本初!ニコチンソルトとPOD VAPEによるタバコ依存症治療

アメリカ食品医薬品局(FDA)の新局長に就任したスコット・ガットリーブ博士がアメリカCNBCのインタビューを受けました。

以下はそのインタビューの書き起こしです。

スコット・ガットリーブ局長(S.G)
インタビュワー(Intv)

(S.G) ご存知のように、合衆国の喫煙率は年々減少傾向にありますが、それでも毎年のように多くの人がタバコが原因と考えられるがんによって死亡しています。

そこで我々FDAは従来のタバコから離脱させる計画を立てています。 それはニコチン濃度の軽減によるタバコ依存症の緩和です。

そのために我々FDAは革新的な「ニコチン入り電子タバコ」という安全性の高い製品にその可能性があるのではという考えに至りました。

(Intv) ニコチン入り電子タバコは従来のタバコほど有害ではないということですか?

(S.G) あえてニコチン入り電子タバコに限定するつもりはありません。

その他にも、加熱式タバコやニコチンガム、ニコチンパッチによるニコチン摂取も十分な満足感を・・・

(Intv) 局長!お言葉ですが・・・

満足感という表現を用いていますが、そもそもニコチンなどというものは一度も喫煙しなければ、全く必要でない物ですよね?

そんなものを行政機関が奨励するのはいかがなものでしょうか?

(S.G) はい、ニコチンがタバコ依存症の原因であることは周知の事実です。

問題なのはそのニコチンを必要とする人々が多くいるという事実です。

そして、その死の直接的な原因はニコチンではなく、従来のタバコや加熱式タバコの喫煙によって発生する発がん性物質なのも事実です。

(Intv) 局長はニコチン入り電子タバコのゲートウェイ問題(反対派組織が提唱しているニコチン入り電子タバコの流行によってティーンエイジャーをニコチン依存症に導いているというアメリカの社会問題)について何も対策しないということですか?

(S.G) 我々はその問題ついて十分なデータが揃っているとは言えないと考えています。

ゲートウェイ問題が明示するような傾向が本当にあるのか、まだ誰も検証を終えていないのです。

(Intv) では局長はニコチン入り電子タバコは安全であるとお考えなのですか?

(S.G) はい、より確かな調査や検証が必要ではありますが、その可能性は十分にあると考えています。

FDA’s plan to reduce nicotine levels: Scott Gottlieb from CNBC.

PRESCRIPTION -お申込みから発送まで-

 


さぁ、今すぐ治療を始めましょう

通販感覚で処方。

Comment

Close Menu

※近日OPEN予定! 現在はデモ表示となっておりますので、オンライン処方の受付は行っておりません。 非表示

error: LET\'s NIX VAPING!
×
×

Cart