日本初!ニコチンソルトとPOD VAPEによるタバコ依存症治療

 

フィリップ・モリス・インターナショナルは、同社の加熱式タバコ「iQOS」を従来のタバコより低リスクなタバコ喫煙具であるという広告宣伝の承認と、禁煙分野への進出を求めていましたが、アメリカ食品医薬品局(FDA)はそのどちらも承認しませんでした。


※日本ではiQOSやgloと言った「加熱式タバコ(英語圏ではHnBT:Heat-not-Burn Tobaccoの略)」と「電子タバコ(英語圏ではVAPEまたはE-Cig:Electric Cigaretteの略)」は同一視されがちですが、欧州ならびに北米では「タバコ葉を使用する加熱式タバコ」と「タバコ葉を使用しない電子タバコ」は明確に区別されています。

FDA諮問委員会は、フィリップ・モリス・インターナショナル社(PMI)加熱式タバコiQOSの安全性を証明するために十分な検証を行ってはいないとし、同社の要請を全て棄却しました。

これにより、PMIの米国市場への進出は大打撃を受けることとなり、株主に提示していた予想収益を大幅に下方修正しなければならなくなる見通しです

FDA諮問委員会はiQOSが有害物質への曝露を抑えている事実は認めましたが、発がん性を含む煙害※の軽減には根拠がないとしてはねつけたのです。

この結果は国立科学アカデミーおよび医学アカデミーで発表された総合的な研究分析の結果を反映しての結論でした。

 

※2018年1月8日イギリス・オックスフォード大学で発表された論文で、iQOSやgloには従来のタバコと同等もしくはそれ以上のタールが含まれていることが判明しています

 

MISCONCEPTION -タバコ依存症とは-

 
 
 
ニコチン中毒? 禁断症状?

いいえ、その全てが間違いです。

Comment

Close Menu

※近日OPEN予定! 現在はデモ表示となっておりますので、オンライン処方の受付は行っておりません。 非表示

error: LET\'s NIX VAPING!
×
×

Cart