日本初!ニコチンソルトとPOD VAPEによるタバコ依存症治療

イギリスはニコチン入り電子タバコを保険適応の禁煙治療として認めた最初の国家であり、ニコチン入り電子タバコへの理解が最も進んでいる国ですが、保険会社は同じように理解を示しておらず、ニコチン入り電子タバコユーザーは従来のタバコ喫煙者と同じく保険料に割増料金が発生していました

しかし、この度ようやくその呪縛から開放され、非喫煙者と同額の保険料となることとなりました。

※これはイギリスのニュースです


昨年、イギリスでは保険会社が「喫煙者の割増料金」をニコチン入り電子タバコユーザーにも課しているという事実が大きなニュースとなりました。

その当時、英国紙ターリング大学の保健政策学科のリンダ・バード教授は次のように述べていました。
「せっかくタールという健康リスクを手放し、健康への意識を持った禁煙治療希望者に対して喫煙者と同じ割増料金を課すのはあまりに残酷な仕打ちであり、ニコチン入り電子タバコで禁煙治療を考えている人々に
も否定的なメッセージを送ることに繋がり、喫煙者の減少という国家プロジェクトの足枷にしかならない。」

これを受けて、1年ほど前に英国ニコチン入り電子タバコ連合組合(IBVTA)イギリス保険協会(ABI)の最高経営責任者であるポール・エヴァンス氏に「健康リクスの違いを十分に理解し、それを反映させた公正な保険契約を求める」という要望書を送りました。

クリックで拡大

そして1年の精査の後、Future Proof Insuranceがイギリスで初めて、ニコチン入り電子タバコユーザーに向けた価格比較サイトを立ち上げました。

このサイトは、ニコチン入り電子タバコユーザーが数個の設問や現在加入している保険情報を入力するだけで数千ポンドを節約できることを教えてくれ、その結果に応じた保険パッケージを提供する保険会社のサイトに直接アクセスできるというサービスです。

条件は「ニコチン入り電子タバコによる禁煙治療を開始して1年以上経過していること」だけ

ですから、昨年の10月に1ヶ月に渡ってイギリス全土で実施された禁煙啓蒙キャンペーン「STOPTOBER 2017」でニコチン入り電子タバコによる禁煙治療をスタートさせた人全員が対象となります。

もちろんそれ以前からニコチン入り電子タバコによる禁煙治療を始めていた人も対象です。

「ニコチン入り電子タバコで禁煙に取り組む方々はもちろん、ニコチン入り電子タバコユーザー全員が非喫煙者と等しく保険料の節約ができるように、簡単で分かりやすい価格比較サイトを立ち上げるというプロジェクトが実を結んで本当に嬉しく思っています。 1年前から企画していたこのプロジェクトの真の勝者は、将来を考えてニコチン入り電子タバコにスイッチした方々と、1年前の啓蒙活動により健康への意識を高め、自費でニコチン入り電子タバコによる禁煙治療に取り組んだ方々です。」とFuture Proofの最高経営責任者デイヴィッド・ミード氏は語っています。

オンライン処方ってなんだろう?

 
病院に通院しなきゃダメなの?
通販とは何が違うの?
どうやって申し込むの?
 
まずは通販感覚でニコチン入り電子タバコによる禁煙治療をスタートできる新しい医療サービスについて詳しく知りましょう

Comment

Close Menu

※近日OPEN予定! 現在はデモ表示となっておりますので、オンライン処方の受付は行っておりません。 非表示

error: LET\'s NIX VAPING!
×
×

Cart