日本初!ニコチンソルトとPOD VAPEによるタバコ依存症治療

米国食品医薬品局(FDA)は、米国で人気のニコチン入り電子タバコの製造メーカーに対して同社の製品を未成年者に販売しない絶対的な対策を60日以内に提示できなければ販売を中止させるという強い警告を発令させました。

しかし、デューク大学付属デュークセンターの所長であり、禁煙治療研究を行っている精神行動学のジェド・ローズ博士は「ニコチン入り電子タバコは様々なフレーバーでティーンエイジャーを誘惑している」というFDAの主張には無理があるとしています。


「現在、毎年50万人以上のアメリカ人が従来のタバコ製品に由来する関連疾患で死亡しており、その数は年を追うごとに増加を続けています。
言うなれば、従来のタバコ製品は死と疾患の原因と言わざるを得ません。 一方、最近注目の的となっているニコチン入り電子タバコは従来のタバコ製品が引き起こす死や疾患の原因にはならず、禁煙治療分野における希望の星と呼べるでしょう。」

そう語るローズ博士は1979年から禁煙治療とニコチンの研究における第一人者であり、ニコチンパッチやチャンピックスの開発に大きく寄与した研究者として世界的にも有名な研究者です。 近年ローズ博士がニコチン入り電子タバコに注目しているのは喫煙者の依存原因はニコチンだけではなく、習慣依存に対して最も有効であるという私見からです。

「我々は過去にニコチン依存が見られる被験者に1日に吸っている従来のタバコに含まれるのと同じ量のニコチンを静脈注射で投与したことがあるのですが、彼らは満足感を得ることがありませんでした。 一方、ニコチン入り電子タバコを吸入すると従来のタバコを喫煙するのに等しい満足感を得られたのです。」

ニコチンガムやニコチンパッチといったニコチン置換療法とは異なり、ニコチン入り電子タバコはニコチン摂取はもちろんのこと習慣依存を満たすことで満足感を得られるという大きなメリットがあるのです。

ローズ博士によると、デュークセンターの禁煙治療研究グループでは、すでにニコチン入り電子タバコの臨床試験が行われており「ニコチン入り電子タバコが禁煙治療に最適であるという十分な結果が出ている。」と証言しています。
これらの研究データに基づいて、ローズ博士は「今回のFDAの横暴な行動は禁煙治療の大きな光を消してしまう危険性があり見過ごすことはできない。」と主張しています。

さらにローズ博士は「FDAによるニコチン入り電子タバコの流行によってティーンエイジャーのニコチン依存症が急増しているという主張は明らかな暴論であると言わざるを得ない。」と語り、「ニコチン入り電子タバコが健康に良いとまでは言わないが、確実なのは従来のタバコ製品によって毎年失われていく50万人の死を予防することが出来るということであり、FDAはこの事実をより優先すべきだということです。」と強調しました。

一方で、デューク大学の学生達はローズ博士とは少し違った見方をしているようです。

デューク大学キャンパス内のブロッドヘッド・センターでインタビューを行ったところ、ニコチン入り電子たばこを愛用している学生は50人中6人にとどまりました。 また50人全員がニコチン入り電子タバコを愛用している友人を知っていると話し、実に96%が「ぶっちゃけ中毒になってると思うよ。」と答えたのです。

さらにデューク大学の学長であるアンキット・ラストーギ氏は「ニコチン入り電子タバコは若者に大きなインパクトがあると言えます。」と述べています。

「流行に敏感な若者は往々にして目立ちたがり屋でもあります。 彼らは従来のタバコ製品ではないということを盾に図書館といった校内の建物の中でも我が物顔でニコチン入り電子タバコを吸入し、中には授業中に吸入する者までいると報告が上がってきています。 ニコチン入り電子タバコのメーカーや販売店は従来のタバコの代替品と言うだけではなく、こういった少数の目立ちたがり屋やファッションや流行に敏感な若者をターゲットにしているのは明白です。」とラストーギ学長は語りました。
インタビューに応じてくれた2年生のハンナ・パークによれば、社会的な圧力がかかっているということ自体が反体制的と言うかアウトローな雰囲気に繋がり、結果的に校内でのニコチン入り電子タバコの流行を後押ししてるかもしれないと語ってくれました。 パークさんは「ニコチン入り電子タバコはパーティーの必需品であり、水を飲むようなもの。」と語りました。
またジェジー・スーさんはニコチン入り電子タバコの視覚的な魅力について語ってくれました。 「ニコチン入り電子タバコは若者の心に刺さってくるんですよ。 クールな印象なのに超現代的で、それでいてシンプル。 ある意味ニコチン入り電子タバコはアップル社のデバイスのような感じかな。」

デューク大学の保健室で副室長を務めるデイヴィット・マーレン氏は喫煙習慣のある学生に対しては積極的にニコチン入り電子タバコの使用をアドバイスし、校内での吸入に関しても容認派です。

「これはスター・ウォーズに登場するヨーダのセリフのようなものです。 大きな目的のためになら多少のことには目をつぶろうというやつです。 ガンのような死に直結する健康リスクを回避するためなら彼らの遊び心くらい容認すべきとは思いませんか?」「ただし、アドバイスには啓蒙が必要です。 これは従来のタバコだけでなく、社会問題にもなっているアルコールの問題なども含まれます。 現在の選択が自分たちの将来にどう影響するのかという点をしっかりと説明した上でアドバイスしているのです。」

前述のローズ博士は最後にこう語ってくれました「結局のところ、何をするにしても簡単な方法より安全な方法を選んでもらいたいということなのです。 例えば、ヘロイン中毒者が隠れて注射針の使い回しをするくらいなら新品の注射針を提供することが健康を守る我々の努めでしょうし、安全なセックスのためならカトリックにコンドームを配るべきなのです(※カトリックは婚前の性交渉を認めていないため、感染症の原因となるアナルセックスや、避妊知識の不足による望まない妊娠、違法な堕胎術の温床となっている)。 ですからニコチン入り電子タバコがさらに普及してくれれば、毎年50万もの命を奪っている従来のタバコを殲滅できるのです。 FDAに問いたいのは、毎年奪われる50万人のアメリカ人の命と、タバコ産業から得られる(税収や賄賂などといった)金銭的利益、どちらがアメリカにとって重要かということなのです。」

NIX VAPEのメリットってなんだろう?

 
ガムやパッチ、飲み薬より良いの?
加熱式タバコとはどう違うの?
ニコチン断ちの前に断タール?
 
まずはNIX VAPEの優れた禁煙効果について詳しく知りましょう

Comment

Close Menu

※近日OPEN予定! 現在はデモ表示となっておりますので、オンライン処方の受付は行っておりません。 非表示

error: LET\'s NIX VAPING!
×
×

Cart