日本初!ニコチンソルトとPOD VAPEによるタバコ依存症治療

従来のタバコからニコチン入り電子タバコへの完全移行による禁煙治療に興味のある現喫煙者にとって、最良のアドバイザーは研究機関ではなく、実際にニコチン入り電子タバコで禁煙に成功した人だけであると最新の研究は語っている。

 


イギリス・オックスフォード大学研究の一環であるNicotine&Tobacco Research誌に掲載された元喫煙者が語る、禁煙のための正しいニコチン入り電子タバコの使い方とアドバイス」と題した研究では、多国籍、4,192人の元喫煙者へのインタビューに基づいて、ニコチン入り電子タバコをどのように活用して禁煙に成功したのか、またこれからニコチン入り電子タバコによる禁煙治療に取り組む人々に対するアドバイスをまとめました

この研究によって得られたアドバイスは大きく分けて4つありました。

  1. 自分に合ったニコチン濃度とフレーバー、そして最適なデバイスを見つけよう
  2. ニコチン入り電子タバコによる禁煙治療をスタートさせても、少しだけなら従来のタバコと併用しても即挫折するわけではありません
  3. 既存の禁煙治療では禁煙に挫折した人のほうが成功した人より遥かに多いという事実
  4. ニコチン入り電子タバコに完全移行したあとの健康面の改善と健康に対する認識の変化

研究機関からの学術的な見解や医療施設からの医学的な意見だけでなく、実際にニコチン入り電子タバコによって従来のタバコから開放された患者の意見を、広く一般に知らせるための手段(電子掲示板やフォーラムなど)を今後もっと増やしていくことが重要です。 そしてそういった交流の場があれば、そこから煙草卒業者が次々と生まれ、今度はアドバイスする立場になるという循環が始まると考えています。

– Nicotine & Tobacco Research研究員

このように自発的に従来のタバコからニコチン入り電子タバコにスイッチできた人々は、最もその有効性を実感している人たちです。

彼らの実践的な経験と体験談は、ニコチン入り電子タバコによる禁煙治療に興味はあるけど、もしニコチン入り電子タバコでも禁煙できなかったらどうしようという漠然とした不安を感じている人々や偏った情報によってニコチン入り電子タバコを十分に理解できていない人々の大きな起爆剤なることでしょう

MISCONCEPTION -タバコ依存症とは-

 
 
 
ニコチン中毒? 禁断症状?

いいえ、その全てが間違いです。

Comment

Close Menu

※近日OPEN予定! 現在はデモ表示となっておりますので、オンライン処方の受付は行っておりません。 非表示

error: LET\'s NIX VAPING!
×
×

Cart