日本初!ニコチンソルトとPOD VAPEによるタバコ依存症治療

年末年始に海外旅行を計画しているなら、現地の規制について正しい理解が必要です。


ニコチン入り電子タバコの安全性、有用性に関しては様々な意見があります。
ですから、世界をめぐる法律もまた非常に多様であることは驚くべきことではありません。

もし年末年始の休暇中に海外旅行を計画しているなら、現地のニコチン入り電子タバコに関する法律を理解しておくことが重要です。

2014年に発表された世界保健機構(WHO)のタバコ製品に関する規制以来、合衆国を追従する多くの国々の中には喫煙に関する厳重な制限やニコチン入り電子タバコの完全禁止を実施している国もあるのです。

WHOの規制は、主にタバコ農家への理解を優先させましたが、現実にはニコチン入り電子タバコという革新的なツールの登場により、各国政府の認識を改めさせる方向に向いてしまいました。

ニコチン入り電子タバコと従来のタバコの唯一の共通点であるニコチン成分が本当に発がん性があるのかという疑問を大きくしたのです。

EU諸国ではニコチンとタールを明確に分別し、本当の敵はニコチンではなくタールであることを広く国民に知らせる努力を行い、実際にそれは成功しています。

特にイギリスはニコチン入り電子タバコの受け入れに積極的な活動を行った、いわばニコチン入り電子タバコ普及の世界的リーダーと言えるでしょう。

そしてイギリスは従来のタバコによる煙害を最も減らすことに成功した唯一の国家でもあります。

しかし、他国では未だにニコチンが敵であるとの認識が強く、ニコチン入り電子タバコを従来のタバコ同等の敵、場所によっては従来のタバコ以上の敵と認識している場合もあり、投獄の可能性も十分にあるのです。

ですからニコチン入り電子タバコユーザーが投獄の憂き目に合わぬよう、このガイドをクイックリファレンスとして作成しました。

ニコチン入り電子タバコユーザーに優しい国

前述のように、イギリスはニコチン入り電子タバコユーザーに最も寛大な国家です。

イギリスは毎年10月に、Stoptober(OctoberとStop Tobaccoを掛けた造語)という禁煙キャンペーンを行ってきましたが、今年初めてニコチン入り電子タバコの広告が盛り込まれました。

国を挙げての公的キャンペーンの影響力は非常に大きく、ニコチン入り電子タバコの知名度アップと安全性への理解、敵はニコチンではなく火のついた従来のタバコが発生させる煙害であるという認識を広く国民に訴えかけ、実際の多くの国民が従来のタバコとニコチン入り電子タバコは全く違うものであるという理解をしています。

イギリス以外のEU連合加盟国もニコチン入り電子タバコユーザーにフレンドリーです。

ヨーロッパ諸国は成人がニコチン入り電子タバコを使用するのを制限していません。

注目すべき例外は、スイス、ベルギー、トルコのほか、北欧諸国、フィンランド、ノルウェーなどです。

これらの国々は厳罰こそもうけてはいませんが、公共の場所でのニコチン入り電子タバコの使用を制限し、ニコチンリキッドの販売についても原則として認めてはいないのです。

また、国自体は規制していなくても、特別区や州といった各自治体単位で規制を行っている場合も少なからずあるので、事前の下調べをおすすめします。

そういった意味でカナダも似たような部分があります。 カナダ政府は個々の州が独自に規制するべきとの立場を明らかにしており、自由社会アメリカと同じような立場を保っています。

カナダでは公共のバでの使用のみ制限があり、所持には適用されません。 またカナダの保健機構はEU諸国のように積極的ではありませんが、成人に対してはニコチンリキッドの販売を認めています。

ニコチン入り電子タバコユーザーに優しくない国

残念なことに、ニコチン入り電子タバコユーザーに優しくない国は、優しい国より遥かに多く存在します。

世界中の多くの国がニコチン入り電子タバコに対する議論も行っていなければ、情報すら共有していないことが一番の原因と言えるでしょう。

たとえば、多くのアフリカ諸国では、ニコチン入り電子タバコに関する法律が一切ありません。

正式にニコチン入り電子タバコに対しての法案を持っている国は南アフリカです。

現時点で南アフリカは、ニコチン入り電子タバコを医療器具としてのみ許可していますが、これは正しい認識へと進む第一歩の状態にあるといえるでしょう。

中南米については、タバコ葉の栽培が国家事業と言えるレベルであり、ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、パナマ、ウルグアイ、ベネズエラは、ニコチン入り電子タバコの販売と流通を厳しく禁止しています。

これらの国々の規制は徹底しており、ニコチン入り電子タバコの所有すらも禁止しているのです。

アジアの多くの国々で同じことが言えます。韓国など一部の国では、ニコチン入り電子タバコを自由に販売、購入できますが、世界最高の課税対象になっています。

一方、日本はニコチン入り電子タバコの製造、販売、譲渡を禁止していますが、加熱式タバコの販売は認めています。 これは正しい方向への一歩とも言えなくはないのですが、ご存知のように加熱式タバコは従来のタバコほどでないにしても安全な物とは言えない代物です。

タバコ農家の存命の危機、課税収入など複雑な要因が絡み合う問題に対して、懸念を表明しているのが、最大のタバコ葉生産地である残りのアジア諸国です。

これらの国々はニコチン入り電子タバコに対して非常に厳しい規制と禁止を決定しています。

中でも最も厳しいのがタイ王国です。

タイでは、ニコチン入り電子タバコを公共の場で使用すると最大で懲役10年の実刑判決を受ける場合があるのです。 そして台湾、カンボジア、インドネシア、マレーシア、シンガポール、香港などは、海外旅行客の自由を厳しく制限する法律制定されています。

最終的な考え

ニコチン入り電子タバコに関しては、各国が各国の事情を背景に、さまざまな法律を設けています。

海外旅行の際には渡航先について詳しく自分自身で調べなければなりません。 宗教的な習慣なども複雑に絡み合っている場合があり、前述のタイ王国では子供の頭をなでると、その子の親に傷害罪で告訴されることもあるのです。 彼らの信仰では、頭頂部は仏陀のいる天上と繋がっており、なでることでその繋がりを絶たれたと考えているのです。

せっかくの旅行を楽しくない思い出に変えるのは得策ではありません。 また同伴者にとっても悲しい思い出となるでしょう。

ニコチン入り電子タバコユーザーは自分は最新の特殊な器具を取り扱っている特殊な人間であるという自覚を持って、十分な下調べと対策をしておかねばなりません。

PRICE -費用一覧-

 


NIX VAPEの費用一覧

お申込みは費用一覧の最下部から。

Comment

Close Menu

※近日OPEN予定! 現在はデモ表示となっておりますので、オンライン処方の受付は行っておりません。 非表示

error: LET\'s NIX VAPING!
×
×

Cart