日本初!ニコチンソルトとPOD VAPEによるタバコ依存症治療

全米がん学会(ACS)は、ニコチン入り電子タバコに関する方針を転換させました。現在、同学会はニコチン入り電子タバコを禁煙手段の一つとして奨励しています。


合衆国に居住するニコチン入り電子タバコユーザーに尋ねると、大半はニコチン入り電子タバコがなければ禁煙できていなかっただろうと答えています。

2000年代後半に全米でニコチン入り電子タバコのブームが起きて以来、ニコチン入り電子タバコによって禁煙に成功したという人々は増加の一途をたどっています。

そして、当初はニコチン入り電子タバコの安全性や禁煙効果に懐疑的だったアメリカ食品医薬品局(FDA)や反対していた団体も、今では賛成派に転換したり、頑なだった態度を軟化させつつあります。

ニコチン入り電子タバコが議題に上った当時はFDAやアメリカ疾病予防管理センター(CDC)同様に懐疑的な姿勢を崩さなかった全米がん学会も、日々積み上げられる客観的な科学的、医学的証拠によって、その態度を180°転換することとなりました。

全米がん学会の声明は次のようなものでした。

「極論から言えば、従来のタバコもニコチン入り電子タバコもどちらも使用しないのがベストであるという考えは今も変わってはいません。 しかし、喫煙を続けることで発症する様々な健康リスクや死亡リスクを鑑みれば、なんらかの策を講じなければなりません。 臨床的検証において、ニコチン入り電子タバコに完全移行できた人は、従来のタバコを喫煙する人や、ニコチン入り電子タバコと従来のタバコを併用し続ける人に比べて、圧倒的に健康リスクや死亡リスクを回避できるのは明白な事実です。 実際のところ、ニコチン入り電子タバコが無害であるとは言うことができませんが、選択肢が従来のタバコの喫煙の継続とニコチン入り電子タバコへの完全移行の二択しかない場合の正解は間違いなくニコチン入り電子タバコであると断言します。」

NIX VAPEで ゆっくりラクラク禁煙


1.次ページでベーシックキットかロングキットを選ぶ
2.処方確認事項を入力
3.クレジットカードでご精算
4.担当医が診断&カルテ作成(通常24時間以内)
5.最短翌日、最長でも3日以内にお手元に

Comment

メニューを閉じる

※近日OPEN予定! 現在はデモ表示となっておりますので、オンライン処方の受付は行っておりません。 非表示

error: LET\\\'s NIX VAPING!
×
×

カート