日本初!ニコチンソルトとPOD VAPEによるタバコ依存症治療

 

カルフォルニアのマーケティング・コンサルティング企業であるHexa Researchは、電子タバコ産業の成長を見積もる報告書を発表しました。

2016年の電子タバコ世界市場規模は約8,000億円で、資源効率の良さやエコ製品の需要増加に伴って今後かなりの進展が見込まれています。


電子タバコ市場の成長に寄与する主な要因は3つ

電子タバコの世界市場拡大の要因として、今後ますます増えていく健康への意識、環境に配慮したエコ製品への意識、そしてタバコ増税が大きな原因となっています。

さらに日本ではKENT、KOOL、ラッキーストライクなどを展開するブリティッシュ・アメリカン タバコ社(BAT)によるReynolds Americanの買収などタバコ産業各社による様々な合併・買収もこの成長に寄与することが期待されています。

北米およびEU諸国での市場成長は、今後予想されるタバコ増税が大きな原因となり、アジアで加熱式タバコ「iQOS」の販売に大成功しているフィリップ・モリス・インターナショナル社(PMI)最高経営責任者の見解によれば、アジア地域でのiQOSの普及は、従来のタバコの健康被害に対する認識の高まりが原因であろうと予想しています。

また、NECや日本タバコインターナショナルなど、日本のトップ企業をクライアントに持つ米国のコンサルティング会社BIS RESERCH社が、昨年4月に発表した市場レポートも同様の成長を見込んでおり、今後の年間成長率は19.34%に拡大すると予測しています。

人気があるのは(NIX VAPEと同じ)POD型の電子タバコ

前述のHexa Reserch社の研究レポートでは、電子タバコの市場をPOD型、組み立て式、使い捨て型などの製品の違いによって分類している。

中でも人気が高いのがPOD型であり、次いで組み立て式、使い捨て型と続く。

POD型の人気は、第一に手軽であること、見た目の良さ、カートリッジによって様々なフレーバーを選べることにあると分析しています。

オンライン処方ってなんだろう?

 
病院に通院しなきゃダメなの?
通販とは何が違うの?
どうやって申し込むの?
 
まずは通販感覚でニコチン入り電子タバコによる禁煙治療をスタートできる新しい医療サービスについて詳しく知りましょう

Comment

Close Menu

※近日OPEN予定! 現在はデモ表示となっておりますので、オンライン処方の受付は行っておりません。 非表示

error: LET\'s NIX VAPING!
×
×

Cart