日本初!ニコチンソルトとPOD VAPEによるタバコ依存症治療

ニュージーランドは、国民の健康を優先させるためにオーストラリアとは別の選択を行った。 それはニコチン入り電子タバコに関する規制を緩和する法案。

 


ニコチン入り電子タバコに関する考え方や捉え方は国によって大きく異なります。 イギリスのようにかなり早い段階で国家を上げてニコチン入り電子タバコを受け入れる国は決して多くはありません。

例えば、宗主国のイギリスとは対照的な決定を下しているのがオーストラリアとニュージーランドです。

両国はニコチン入り電子タバコとニコチンリキッドの販売と使用を禁じる厳しい法律を共有していました。

しかし現在、ニュージーランドはオーストラリアとは違う道を歩み始めました。 宗主国であるイギリスの動きを見て、本当に国民の利益になることは何なのかという考えに至ったようです。

南太平洋エリアでのニコチン入り電子タバコ

オーストラリアやオーストラリア人をよく知る人はご存知のように、オーストラリアは禁煙法案先進国です。

タバコ税も非常に高く、所得に合わせて10本入りのパックが販売されているほどです。

オーストラリア議会は厳しい法案による締め付けこそ国民意識の改革や禁煙意識を上げられたと信じているのです。

ですから多くの国会議員もニコチン入り電子タバコにたいして厳しい態度を取る続けるのが最良の方法立ち考えていたのです。

もちろん、この背景にはタバコの害悪としてニコチンを敵視していたことも関係しているでしょう。

現在、オーストラリア国内でニコチン入り電子タバコを手に入れるには医師の診断に基づいて処方を受けなければなりません。

もしこの正規ルート以外で入手した場合は多額の罰金を科される上に投獄される可能性もあるのです。

過去に一度だけ規制緩和の動きを見せたことはあったのですが、最終的には見送られました。

そんなオーストラリアの態度を尻目に、隣国のニュージーランドは動き出しました。 従来のタバコがもつ危険性はニコチンではなくタールであることを認め、国民の健康を守る目的のためにニコチン入り電子タバコを認める動きが出てきたのです。

この法案は今年中に閣議決定される見通しです。

PRESCRIPTION -お申込みから発送まで-

 


さぁ、今すぐ治療を始めましょう

通販感覚で処方。

Comment

Close Menu

※近日OPEN予定! 現在はデモ表示となっておりますので、オンライン処方の受付は行っておりません。 非表示

error: LET\'s NIX VAPING!
×
×

Cart