日本初!ニコチンソルトとPOD VAPEによるタバコ依存症治療

 

長年に渡って悪の元凶のような扱いを受けてきた物質「ニコチン」に精神疾患の治療効果がある事が分かってきた。

 


近年、従来のタバコからニコチンを除去する新技術を発表したベンチャー企業が現れました。 

まるでアルコール飲料からアルコールだけを除去したノンアルコールビールやノンアルコールワインのような発想ですが、同社は依存症の原因となるニコチンを除去することで健康的な嗜好品としての新しいタバコを発売したいと考えているようです

しかし、その新技術によって生産されるタバコは非常に高額であり、かつ発がん性物質を生み出すタール自体は従来のタバコと同じように産出します。

そんなものを喫煙するくらいなら禁煙したほうが良いと考える人々も多いのですが、タバコ産業から支援を受けている同社はニコチンにすべての罪を着せることで喫煙者のタバコ離れを回避したいと考えているようです。

喫煙は死に直結する悪癖であり、空気汚染といった社会問題でもあるという認識が社会に広がってから長い月日が経っています。

にもかかわらず喫煙し続ける人々が多い原因は確かにニコチン依存症にあります。

しかし、それ以上に問題なのが火のついた従来のタバコが生み出す化学物質と発がん性物質の多さと有害性です。

政治家が本当に国民の健康について胸を痛めているのであれば、これら有害な化学物質と発がん性物質の削減にこそ目を向けるべきではないでしょうか?

そして近年の研究で分かってきたことは、ニコチン自体は比較的無害であるということです

もちろん依存性はあるものの、特に神経障害の治療に有効であるというレポートは古くから存在し、現在でも研究が進められています。

新しい研究

医学雑誌である「精神医学と生物の行動(Neuroscience and Biobehavioral Reviews)」に掲載された研究は、ニコチンが抗うつ薬として有効に作用する可能性を示唆しています。

ジェイソン・ガンデルマン博士、ポール・ニューハウス博士、ウォーレン・テイラー博士らによる研究によって、ニコチンが現存する抗うつ剤の問題を埋めることが可能であるかどうかを調査しました。

研究者らによると、高齢のうつ病患者は従来の治療法や治療薬に強く抵抗することがあります。

しかし、抗うつ薬をニコチン性アセチルコリン受容体の刺激と併用した場合、そういった高齢患者の症状回復に目覚ましい効果があることを突き止めました。

ニコチンの真の可能性を完全に理解するためにはまだまだ研究を続ける必要性はありますが、ニコチンの潜在的用途についての研究は最新医療の研究と位置づけられるようになっているのです。

神経学的利点

認知症治療を専門とするテネシー州ヴァンダービルト・メディカルセンターの責任者であるポール・ニューハウス博士は、ベストセラーとなった「末期のうつ病研究」の共同著者でもあります。

ニューハウス博士は、ニコチンパッチがADHDの治療に効果的であることを示した2008年の研究、6ヶ月間の試験で注意、記憶、精神的治療の改善を示した2012年の研究など、ニコチンの医学的有効性に関する多くの論文を発表しています。

古くは1966年の研究でもニコチンの潜在的な神経学的利点を示していました。

国立衛生研究所で疫学を研究していたハロルド・カーン博士はパーキンソン病患者の中で、喫煙者の患者のほうが非喫煙者の患者よりも衰弱性疾患を発症する可能性が低いことを発見しました。

後年、UCLAの研究者であった、マリア=フランソワーズ・チェセレイ博士は、このカーン博士のレポートをもとにニコチンが脳機能の向上に有効であると証明したのです。

他の研究では、ニコチンが統合失調症に有効な治療薬になる可能性も示唆されています。

合失調症に苦しむ患者は、しばしば自身の思い出や記憶と第三者の記憶が違ったものであった時に動揺を起こし、不安が強くなる傾向があります。

そういった統合失調症患者にニコチンを投与すると、思い出や記憶が明瞭になるばかりか、集中力を高める効果があったのです。

影響

つまり、従来のタバコがもつデメリットにニコチンの有用性は隠されていると言い換えることができるのです。

合衆国は車社会であり、毎年多くの人が交通事故で死亡していますが、その原因は自動車そのものにあるのでしょうか? 交通ルールを守らない悪質なドライバーが人を殺しているのです。

また同様にこの国は銃社会でもあり、毎年多くの人々の命が銃によって奪われています。 その原因は銃そのものにあるのではなく、銃を悪用した犯罪者にあるのです。

同じことがニコチンやニコチン入り電子タバコにも言えます。

従来のタバコが多くの人を死に追いやっていますが、その原因はタールであり、ニコチンは命を奪っていないのです。

この事実を一人でも多くの国民に認知させ、禁煙=ニコチンとの戦いではなく、禁煙=有害物質や発がん性物質を含む煙やタールとの戦いであると理解させなければならないのです。

NIX VAPEで ゆっくりラクラク禁煙


1.次ページでベーシックキットかロングキットを選ぶ
2.処方確認事項を入力
3.クレジットカードでご精算
4.担当医が診断&カルテ作成(通常24時間以内)
5.最短翌日、最長でも3日以内にお手元に

Comment

Close Menu

※近日OPEN予定! 現在はデモ表示となっておりますので、オンライン処方の受付は行っておりません。 非表示

error: LET\'s NIX VAPING!
×
×

Cart