日本初!ニコチンソルトとPOD VAPEによるタバコ依存症治療

世界五大医学雑誌のひとつであるThe Lancetは、「2040年までにスモーキングフリーの世界を!」というキャンペーンを数年前から実施しています。

同誌の提唱する「スモーキングフリー」の定義は5%未満の喫煙率であり、スウェーデンはニコチン入り電子タバコを煙害軽減製品として承認したことにより、早くもこの目標を達成しました。

※EU諸国が定義する「スモーキングフリー」や「禁煙」は日本の禁煙の定義とは違い、タバコ関連疾患の原因となるタールの削減が目的であり、ニコチンの摂取は有害ではないという立場です。 つまり燃焼させる従来のタバコや非加熱式タバコを喫煙していなければスモーキングフリーに該当します。


同誌はEU保健機構加盟国全体の喫煙に関する公衆衛生調査を行い、2018年5月号に調査結果を掲載しました。

ブルガリアが36%、ギリシャが35%、フランスが33%と高い喫煙率を記録しており、同リストにおける低喫煙率記録はオランダ、デンマーク、イギリスの16%、そして一際目立った数字を挙げていたのがスウェーデンで、喫煙率はたったの5%でした。

なぜ、これほどまでにスウェーデンの喫煙率が低いかと言うと、喫煙の代替としてニコチン入り電子タバコを推奨することにより、従来の「ガマンに徹する禁煙」以外の選択肢が増えたことにあります。

またスヌースというスウェーデンの伝統的な「噛みタバコ」も大変人気です。

EU保健機構加盟国全体で、ほとんどの国が効果的な煙害軽減製品または有害物質削減製品としてニコチン入り電子タバコを推奨し、スウェーデン、デンマーク、ノルウェーの三国は噛みタバコも推奨しています。

実際、これらの煙害軽減製品または有害物質削減製品を積極的に導入している国ほど低喫煙率と比例して肺がん発症リスクやCOPD発症リスクが低くなっています。

NIX VAPEで ゆっくりラクラク禁煙


1.次ページでベーシックキットかロングキットを選ぶ
2.処方確認事項を入力
3.クレジットカードでご精算
4.担当医が診断&カルテ作成(通常24時間以内)
5.最短翌日、最長でも3日以内にお手元に

Comment

メニューを閉じる

※近日OPEN予定! 現在はデモ表示となっておりますので、オンライン処方の受付は行っておりません。 非表示

error: LET\\\'s NIX VAPING!
×
×

カート