日本初!ニコチンソルトとPOD VAPEによるタバコ依存症治療

 

 

イギリス公衆衛生局は、個室利用の長期滞在患者が室内でニコチン入り電子タバコを使用することも問題ではないと定義した。

 


イギリスの連邦保健機関であるイギリス公衆衛生局(PHE)、禁煙手段としてニコチン入り電子タバコを認める声明を発表し、多くの知識人から高い評価を集めています。

2015年のニコチン入り電子タバコの安全性研究における有名な報告書発表以降、イギリス政府はニコチン入り電子タバコの使用に対して寛大な姿勢を取り続けていました。

感情論やタバコ産業によるプロパガンダが科学的、医学的に暴かれ、政府のアルコール規制班も「過度のアルコール摂取は人を殺人犯にしてしまう危険性があるので規制しなければなりません。 従来のタバコから発生する有毒物質や発がん性物質も殺人犯です。 しかしニコチンが殺人犯になったことは一度もありませんし、人を殺人犯にしたこともありません。」との声明を発表しました。

こういった事実の積み重ねによってPHEは指針を180°更新し、多くの研究者が発表した「ニコチン入り電子タバコは従来のタバコより少なく見積もっても95%以上も安全である。」という考えを迎合しました。

現在、PHEは肢体不自由な患者や妊娠中の女性は特にニコチン入り電子タバコの使用によって禁煙するべきだと勧める立場になっている。

新しいPHEの報告書

新しいPHEの報告書によれば、ニコチン入り電子タバコによって、毎年少なくとも2万人が従来のタバコと決別できていることが判明しました。

PHEの分析によると、この数値は毎年57,000人の命を救うことさえ可能としています。

この結果を鑑みて、イギリスでは禁煙目的のためのニコチン入り電子タバコに保険を適応することを目標に挙げました。

PHEは医療機関が院内にニコチン入り電子タバコ専用ラウンジを設置し、院内でもニコチン入り電子タバコの処方を始めるべきだと発表しました。

実際問題として、喫煙に関する規制を強めることで禁煙を決意する人よりも、隠れて喫煙を続ける人のほうが圧倒的に多いという事実があります。

例えば病院内で隠れて従来のタバコを吸うようなことがあれば、受動喫煙による健康リスクを拡散することになったり、火災の原因にもなり得るのです。

そういった二次被害を避けるためにも、安全性の高さが証明されたニコチン入り電子タバコを積極的に取り入れたほうが結果的に多くの安全性を担保できると考えているようです。

PHEのタバコ管理部の統括責任者であるマーティン・ドックレルは、長期間の入院が必要な喫煙者の場合、個室でもニコチン入り電子タバコ使用を許可するべきという見解を持っています。

まだまだ議論の余地があるプランではありますが、報告書の作成者の一人であるリンダ・バード教授は、禁煙に成功していない妊娠中の女性は積極的にニコチン入り電子タバコを使用すべきだと述べました。

暴論にも取れるバード博士の発言ですが、続けてこう説明しています「妊娠中の女性を従来のタバコから発生する煙害から守ることが何よりも最優先です。 赤ちゃんの健康リスクを考えるのであれば、妊娠期間から数えて3年間は完全に禁煙すべきというのは誰でも分かっていることですが、分かりきっていることだからこそ禁煙に成功していなければ隠れて吸うことになるでしょう。 その可能性をゼロにできるのはニコチン入り電子タバコしかないのです。」

ニコチン入り電子タバコの一般的な理解

前述のように、2015年以降、ニコチン入り電子タバコは従来のタバコと比較して最低でも95%以上安全であることが実証されていますが、高齢者をはじめ新しいものに対する抵抗感からか、ニコチン入り電子タバコは安全ではないと考えている人々も少なからず存在しています。

タバコ依存症研究の権威であり、ロンドンのキングス・カレッジで主任教授を務めるアン・マクニール博士はこう説明する「従来のタバコに火をつけると、およそ7,000種類の致命的な有害物質がたちどころに発生します。 そのうちの70種類が発がん性物質として知られており、これこそが喫煙に由来する疾患や死因でもあります。 しかしながらタバコ産業のプロパガンダは巧妙で、未だにニコチンが諸悪の根源だと思い込んでる人は少なくありません。」

反対派組織や多くの批評家は、統計的には重要でない電池爆発の話題を引き出したり、今回の政府決定を「頭の狂った連中による所業」などと罵っています。

しかし、事実として積み上げられてきた研究成果を否定することは誰にもできません。 PHEの健康改善局の局長であるジョンニュートン教授はこう言っています「ニコチン入り電子タバコによって何千人もの健康や命が救われるという結果が出ているにもかかわらず、大声で騒ぎ立てる反対論者の声ばかりが耳に届き、粛々と正しい理解を促そうと試みている者の声をかき消している現状は非常に悲しいことだ」

PRICE -費用一覧-

 


NIX VAPEの費用一覧

お申込みは費用一覧の最下部から。

Comment

Close Menu

※近日OPEN予定! 現在はデモ表示となっておりますので、オンライン処方の受付は行っておりません。 非表示

error: LET\'s NIX VAPING!
×
×

Cart