日本初!ニコチンソルトとPOD VAPEによるタバコ依存症治療

アメリカ最大のニコチン入り電子タバコ企業が今月始め、極秘のうちに香港のニコチン入りリキッドメーカー最大手の一つである「华宝グループ」を約85億円で買収していたことが明らかになった。


今回の買収劇で香港の企業である华宝グループは約27億円の純利益を得たと報道されている。

华宝グループは政府機関である中国煙草管理局によってニコチン入り電子タバコ製品の販売許可を保有しており、この権利と製造工場機能が買収されました。

中華人民共和国では外国企業の単身進出は認められておらず、必ず中華人民共和国国籍を持つ者を代表者に立てた公司という体裁を取らねばなりませんので、今回の買収も同様の体制を取るための一環という意味もあります。

そもそも現在の電子タバコの機構は中華人民共和国で発明され、世界で流通している電子タバコ製品のほとんどは深セン市のメーカーによって製造されていますが、どういうわけか中華人民共和国では人気のない製品として有名で、依然として従来の紙巻きタバコが人気です。

と、いうのも中華人民共和国では清国時代に禁酒法があり、また飲酒による暴力的トラブルも絶えないため、社交道具として喫煙が認知されているという背景があります。

贈答品としてタバコが一番無難とされているという社会背景もあり、結婚や引っ越しなどのお祝いや、お世話になった人へのお礼として、タバコが最も大活躍します。
中華人民共和国では「吸う人は買わずに、吸わない人が買う」という“皮肉”を示す言葉があるほど、タバコは人間関係の「礼」としての出番が多いのです。

今回の買収では中国煙草管理局の認可を取得している企業の取り込みと、世界的に知名度の高くなったニコチン入り電子タバコの中華人民共和国への進出という2つの目的が果たせそうです。

中華人民共和国は3億人以上の喫煙者を抱えており、中国国営煙草会社は単体企業としては依然として世界最大のタバコ会社である。

中国の男性の約3分の2がたばこを吸っており、毎年300万人以上の中国人が喫煙関連疾患で死亡しています。

8月に中国が電子タバコ規制を検討しているとのレポートがありましたが、現時点で法整備がなされていないため、ニコチン入り電子タバコは100%タバコ製品とは分類されておらず、国内販売や製造に関しては未知数と言わざるを得ません。

しかし、すでに中国市場へのアクセス許可を得ている体制であり、豊富な資金も調達されているなので、近い将来に中国市場でもニコチン入り電子タバコは人気の商品となるでしょう。

PRESCRIPTION -お申込みから発送まで-

 


さぁ、今すぐ治療を始めましょう

通販感覚で処方。

Comment

Close Menu

※近日OPEN予定! 現在はデモ表示となっておりますので、オンライン処方の受付は行っておりません。 非表示

error: LET\'s NIX VAPING!
×
×

Cart